財産のことで悩んでいるなら家族信託の専門家に依頼しよう

  1. ホーム
  2. 受給をスムーズにする方法

受給をスムーズにする方法

説明

弁護士を頼ることがベスト

以前に行われていた集団予防接種等の際の注射器の連続使用が原因でB型肝炎ウイルスに感染してしまった人には、国から給付金が支給されることになっています。B型肝炎ウイルスは親から子へと感染しますし、また、すでに亡くなられた人もいらっしゃいます。従って、前述した感染経路でB型肝炎ウイルスに感染した人の子で親からB型肝炎ウイルスに感染した人、及び、そういった人の相続人も給付金支給の対象者となります。給付金の支給額は症状によって異なるのですが、主だった症状がない、いわゆる無症候性キャリアの人にも給付金は支給されます。ただ、20年経過してしまうと、給付金額は大幅に減額されてしまいますから、早めに受給した方が良いと言えます。但し、給付金の受給は少し厄介な面があって、国に対して損害賠償を求める訴訟を起こさなければならず、国と和解をしなければ、給付金は受給できないのです。これは、本当に受給対象者なのかを確認するために行われるわけなのですが、訴訟を起こすというのは一般の人にはハードルが高いことになります。従って、給付金の受給には弁護士の力を借りて、自分に代わって手続き等を行ってもらうことが最善、且つ、一般的になっています。もちろん、弁護士に仕事を依頼するとなると費用が発生してしまうのですが、その点を過度に心配することは無用です。なぜなら、国は給付金とは別に、訴訟等にかかる弁護士費用を給付金額の4%まで負担することになっているからです。