財産のことで悩んでいるなら家族信託の専門家に依頼しよう

  1. ホーム
  2. 破産をするなら弁護士へ

破産をするなら弁護士へ

相談

弁護士に依頼するメリット

借金を払えずに債務整理をする場合、特にお金がなくて自己破産をする場合は、自分でもできないことはありませんが、やはり法律事務所に頼んだ方が無難です。自分でする場合は、経費がかからないのが魅力ですが、債権者がなかなか応じてくれないことが多いですし、もし過払い金などがあっても、その存在を教えてくれないこともあるからです。法律事務所に依頼すると、それだけ費用はかかりますが、自分でするのに比べると、はるかにメリットがあります。それはどのような点であるのかを、見ていくことにしましょう。まず、法律事務所に依頼すると、受任通知を出してもらうことができます。これが債権者に届いた時点で、債権者は取り立てをやめなければなりません。ですから、それ以上取り立ての電話が来ることがなくなります。それから法律事務所に頼むと、即日で自己破産開始の手続きが取られます。もちろん自己破産の申し立ても、事務所の方で代理でやってくれますし、免責が下りるのもひと月程度です。また、少額管財の場合の費用も安くできます。この少額管財というのは、自己破産に当たって数十万円程度の財産がある場合に、その分費用がかかる制度です。通常は50万円ですが、弁護士に依頼するとこれが20万円ですみます。このような点から考えても、自己破産は法律事務所に依頼した方がメリットが大きいのです。費用は事務所によって多少違いがありますが、中には着手金を受け取らない所もありますし、免責が下りた後から、分割払いでOKの事務所もありますので、かなり利用しやすくなっているといえます。