財産のことで悩んでいるなら家族信託の専門家に依頼しよう

弁護士

信頼できる事務所の探し方

弁護士は実際に会ってみないと良し悪しがわかりません。信頼できる知人に紹介された弁護士であっても、必ず会ってから契約を結びましょう。東京で弁護士を探す時は無料相談を活用して、自分が信頼できる事務所を探しましょう。

説明

受給をスムーズにする方法

集団予防接種等の注射器の連続使用が原因でB型肝炎ウイルスに感染してしまった人、その人から感染してしまった子、及び、それらの人たちの相続人は国から給付金が支給されます。ただ、受給するためには訴訟を起こさなければなりませんから、弁護士に依頼することが一番です。弁護士費用の一部は国が負担します。

主な仕組み

説明

家族信託は近年注目されている財産管理手法の1つです。簡単にいうと資産を持つ人が自分の老後の介護・生活等の必要な資金に関して、信頼できる家族にその管理を託し、管理・処分を任せる仕組みです。家族信託の場合はまず下記を整理する必要があります。まずは保有する資産の中で信託財産はどれにするかです。そして誰を受託者にするかです。委託者である被相続人が信頼できる人を受託者に設定する必要があります。また何の為に家族信託を利用するかの目的を明確にしておく必要があります。受託者はこの信託目的にそって財産の管理を行います。この3つを踏まえて、法律面や税務面で問題ないかどうか、また契約書や公正証書の作成等問題ないかどうかを専門家である士業にチェックしてもらいます。受託者と委託者で内容を決定し、契約書を作成すれば信託が成立します。これ以外に受託者が目的を遂行しているかどうかをチェックする、信託管財人を設置するケースもあります。このような費用は一般的に信託財産の1%は少なくともかかってきますが、間違いなく家族信託をスムーズ行うには必要な費用となります。家族信託には成年後見人にはないメリットや二次相続が指定できるなどメリットは多数あります。よって遺言以外の財産継承を考えている人・自分の将来の判断能力の低下に備えて対策をしたい方、二次相続や事業承継を考えている方などが特にこの家族信託にはメリットが多いと言えます。財産の承継に安心感が持てるこの制度は今後の高齢化社会ではますます利用価値が高くなると言えます。

相談

破産をするなら弁護士へ

自己破産をする場合は、やはり法律事務所に依頼するのがお勧めです。自分でした場合、確かに費用はかかりませんが、債権者との交渉などでかなり難航し、時間もかかります。法律事務所に任せておけば、取り立ても来なくなり、手早く手続きをしてもらえます。また、少額管財の際の費用も半分以下に減らすことができます。